龍の和菓子・「オリジナル・ドローイングショーCUBE」

201112192252002

年が明けて既に約ひと月が経過。ようやく今年最初のblog更新は新春の和菓子の写真です。「今頃かよ!」とツッこんで下さい(苦笑)。タツ年にちなみ、龍の文字を入れたのは「凧」に見立てた羊羹。一応、立体的に作ってあります。緑に赤い実がついているのは「南天」で、表地はグリーン、裏地は白の生地の二層仕立て。カラフルなラインが入っているのは「てまり」で、中に栗が入ったまんじゅうです。201112201803001_3

「てまり」のラインは、凧糸に食紅等を染み込ませ、糸の両端を持って饅頭に押し付けたもの。加熱前の饅頭は柔らかく、凧糸を強く押し付けると生地が切れてしまいそうで難しかった^^;)

200802211630002_3

去年足を骨折したこともあり、例年以上に庭の手入れがおろそかになって庭は閑散としていますが、クロッカスだけは可愛い花を咲かせてくれました(写真3枚目)。そして、写真4枚目のスズランは某被災地から来た花。

201112071327000_4

これらの花を作っているのは直接の被災地ではないものの、購入が被災地の花き農家の支援につながるということで、秋から定期的に購入中♪庭の花が少ないこの時期、ひと月以上咲き続けてくれる丈夫なスズランは我が家にとって頼もしい味方です^^)

201110271945000_2

左の写真は年初めに行った溜池山王の「焼きとり宮川」での1枚と、先週観に行った『オリジナル・ドローイングショー CUBE』で描かれた画です。

201201252052001

『CUBE』は韓国人アーティストが下絵無しで一気に画を描き上げる過程をショウにした舞台。砂で描くサンドアート有り、水彩あり、盛り沢山の魅力的な内容でした。この画はアーティストがショウの最後に観客への感謝を表したもの(セリフ無しなので想像だけど)。この画と、最初に描かれた「最後の晩餐」の画は撮影が許可されました。

| | コメント (16)

2011年12月30日 (金)

グリーンラビットと和風ロールケーキそして御礼

201111141646001

ここ数ヶ月は、ひたすら仕事、時々家事、たまに遊び・・・といった状態でものすごく速く過ぎ、またまたブログ更新が遅くなってしまいました。ご心配頂いた皆様、すみません(汗)おかげさまで元気です^^)ここ3ヶ月の写真を何枚かupします。

201109132201000_4

最初の写真はクリスマス前に我が家にやってきた緑のウサギ♪アイビーと寄せ植えされてます(笑) 次の写真は秋、和菓子教室で作ったロールケーキです。どこが和風かと言うと、生地には米粉を使い、巻かれている具材がフルーツではなく’ようかん’3種だということ。梅、抹茶、黒糖のようかんをそれぞれ作り、塩のみ加えた生クリーム(勿論手つくり)を塗った生地でロールするという設定に「味はどーなるんだ?」と気がかりでしたが、出来上がってみれば、超美味!!あっさりしっとり幸せ味でした。201110021224000_2

次も和菓子教室での’練りきり’ですが、ピンクの「小菊」はまだマシとして、「いが栗」は相当不細工。出来損ないの’いそぎんちゃく’みたいで、かなり恥ずかしかった^^;)

今年は6月に足首を骨折し、色々な人にお世話になりました。わざわざお見舞いに来てくれた人、自宅に電話をくれて話相手になってくれた人、メールやメッセージを送ってくれた人、そしてこちらのblogや’つぶやき’にコメントをくれた人・・・本当にありがとうございました。201108191618000_2

勿論「治ったら飲みに行こう」「ゴハンに行こう」といった言葉もすごく嬉しかったです♪写真右は骨折後、頂いた手紙やハガキ、それにコンサートや美術展で買ってきてくれたファイルなどのお土産です。感謝をこめてupさせてもらいます。当時、お菓子やワイン等もいただきましたが、この写真を撮ったのは9月だったのでそれらは既にお腹に入っちゃってて撮れませんでした、スンマセン(笑)201112231549001_2

最後はクリスマスに友人からプレゼントされたモコモコソックス、レッグウォーマーと他の友人達から贈られたクリスマスカード。気持ちも体も温まるプレゼントでした^^) 気分が沈んだコト、不快だったコトもあった1年ですが、こうした良かったコトだけをしっかり心に抱き、来年に持って行こうと思います。2011年も不規則更新なblogを読んで下さりありがとうございました。皆様もどうぞ素敵な新年をお迎え下さいね♪

| | コメント (22)

2011年9月25日 (日)

桃とワサビの和菓子・早過ぎ秋桜

201108310837000

6月の骨折以来、初の和菓子教室へ行ってきました。作ったのは桃の和菓子と、’わさび田’をイメージしたお菓子(グリーンのほう)。わさび田は、わさびが育つ田んぼに水が流れている情景だとか。わさび田の表面の透き通る寒天内のつぶつぶはワサビ。その内側にはワサビあんを黄色の道明寺で包んだモノが入ってます♪

201109231730000

’桃’も黄色の黄身あん、表面のピンクの生地も勿論てづくりで、どちらもこの季節に添ったすっきり味の和菓子。足がまだ本調子ではなく、長時間立つのはシンドイので不安だったけれど、どうにかなるな!と自信がついた一日でした。

201109231753000

2、3枚目は天王洲アイルにて。たまたま通りかかった屋形舟の写真は夕方早めの時刻。撮影場所を変えているうちにあっと言う間に夕闇が濃くなり、違った雰囲気に・・・。3枚目の光が集まって見える場所の上あたりが銀河劇場です。

201109231901000

右側の写真は天王洲アイルのインド・ネパール料理店で食べたカレー等のセット。ナンが大きすぎて写真に収まりきれない(笑) 

200804091727001

そして花の写真は強風に揺れるコスモスです。9月中旬ではコスモス満開には早すぎたらしい。強風プラス一分咲きの状況で、人影が全く無いコスモス畑@さいたまでした(苦笑)10月始めが見頃なのかも♪

読者登録いいね!ポチッと

| | コメント (30)

2011年8月31日 (水)

金魚坂・虹色寄せ植え

201108281809001

夏らしいことをほとんどしないまま過ごしてしまった今シーズン。せめて夏の終わりにそれらしい雰囲気を味わおうと、文京区の「金魚坂」へ行ってきました。金魚坂は代々続く金魚、錦鯉の卸問屋。冒頭の写真はピンポンパールという種類の金魚で最近の一番人気だとか。ぷっくりした姿は確かに可愛い!

201108281747002

 こちらでは’金魚すくい’も出来ますが、我が家にはソックス(猫)がいるので’すくう’のは諦め、併設されているカフェでお茶しました。東洋美人(中国茶)を注文すると、運ばれて来たのは金魚の絵が描かれたポット(写真3枚目)。コーヒーとセットのお菓子が乗っている小皿も金魚柄、店内に掛けられている絵も全て金魚に関する図柄。よくよく見ると、外で販売されている大型金魚鉢の中にも金魚柄がチラホラ(写真2枚目)・・・凝ってます♪

201108281752000

涼しくなるのは嬉しいけれど、夏の終わりはあまり好きではないので気分が下がり気味。今年は乗馬も出来ないので軽井沢行きをキャンセルしてしまったし・・・。

200804091727001_3

気分を上げるために色とりどりのケイトウを使い、カラフルな寄せ植えを作ってみました。黒紫のコリウス、薄ブルーの花が咲くハーブ(頂きモノで名前は解らず^^;)も一緒に。 

201108290746000

最後の写真は千駄木のあめ細工店で購入した飴。完全手作業で(日時によっては)注文して目の前で作ってもらえるのが楽しい。飴を自在に操り、いきいきした作品を生み出す店主の手にほれぼれします。 ・・・足の方は、おかげさまで通常生活が送れるようになりました♪長時間立つこと、歩くことやジョギングはNGですが、これらも徐々に可能になるそうです。久々の和菓子教室など楽しみも見えてきました^^)

読者登録ポチッといいね!

| | コメント (30)

2011年7月28日 (木)

育てて収穫・豚バーグ

200804091727001_2

花に続き、今年から野菜も育ててみようと思い立ったのが春。5月にはグリーンパプリカやナスの花が咲きました(写真1枚目)。

201107091448000

しかし、6月初め、まさかの足首骨折→入院手術という展開に・・・。しばらくの間、自分で世話が出来ず、その間、レッドチコリはヒョロヒョロ伸びて花まで咲き、食用には出来ない状態になってしまいました(←2枚目の写真)。

201107021419001

世話を家族に任せていたから仕方がないけど(涙)。ちなみに、レッドチコリは、レタスとサラダ菜を足して2で割り、苦味をプラスしたような野菜♪生で食べられ、赤とグリーンの葉が食卓のアクセントにもなる便利モノです。

201107091542000_2

7月に入り、段差の大きいウッドデッキにも登れるようになったし、ナスもパプリカも実が大きくなってきたので新たな写真をUPします(右)。既にナスは収穫済み。今回の写真にはありませんが、シソやパセリはずっと元気で、食卓で重宝してます。

200906061702002_2

右の写真は庭で咲いたラベンダーと、先日、渋谷の「東京トンテキ」で食べた豚バーク定食。コック帽をかぶったスタッフが忙しく立ち働く店内は若者やビジネスマンでにぎわってました。料理は豚肉とタマネギの味が生かされて美味しいけれど、ゴハンは丼ほどの器で出され、トンバーグもボリュームがあるので定食を女性が全部食べるのは大変かも。ゴハンをシェアするかトンバーグ単品注文なども可です♪

201107181948000

こんな具合に最近は都内での外食も出来るようになり、先週からは自転車にも乗れるようになりました。このページを読んでくださる人に心配頂いている足の具合も徐々に回復中です。

いいね!読者登録

ポチッと

| | コメント (26)

2011年6月30日 (木)

落ち込んだコト救われたコト

初めてづくしだった今年の6月がもうすぐ終わる。初の骨折に手術。それに入院。考えてみればこれまでそこそこ健康で、妊娠や出産の経験もなかったため、入院も初めてだったのだ。 骨折した右足首は手術により、チタンで出来たプレートとボルトで繋がれ、右足首の両側面には大きなカット判が貼られている。足の機能は問題なく回復できる見込みとのことでホッとしつつ、自宅で過ごしています^^)

201106231032000_3

足を骨折して日が浅いと知ると、「きっとほとんど歩けないだろう」と想像し、精神的に落ち込んでいるのではないかと心配してくれる人も多いのだが、私の場合はむしろ、手術前の数日間の方が気持ち的に辛かった。 医師から「手術後、抜糸までの2~3週間は入院して歩くためのリハビリを受けてもらいます。退院後は外来通院とは別に2~3ヶ月間、リハビリ通院が必要です」と言われた自分。 これから繁忙期を迎える時期に出歩けなくなり、仕事関係者に迷惑をかけることを考えてドヨ~ンと落ち込み「そんなに長期入院になるなら(飼い猫の)ソックスを知人に預かってもらうべきかも」と考えてドヨ~ン、家族の負担を思ってドヨ~ンの状態だった。 さらにリハビリをしている姿を想像し「自分はさぞやブザマな患者になるんだろうな」と思っていた。

201105181606002

ところが実際は、手術後は経過がよく、リハビリも順調で「100点満点です」と褒められたのには驚いてしまった。 手術前、救急医からも入院先の医師からも「骨がこれだけ折れていたらフツーは足を動かせないんだけど、アナタは動いちゃうんだね^^;」とか「筋力が強い」と笑われていたのだが、恐らく、それよりも担当してくれた理学療法士が優秀だったせいだろう。数回のリハで、2階建ての自宅でどうにか過ごせる状態と判断された。担当医も「これだけ回復が早いのなら・・・」と、早々の退院を許可してくれ、術後1週間で退院することが出来た。

201105181803000_2

手術前は、「皆に迷惑をかけて自分はバカな人間だ」「大震災の後なのに、プライベートな時間にケガして恥ずかしい」といったことが頭から離れず、自分自身が嫌になっていた。 けれども、術後の自分は想像していたのとは違い、某看護師さんいわく「犬猫並みの優れた回復力」で、「自分で何でもやる手のかからない患者」だった(←別の看護師さんの言葉)と知ると、かなり気持ちが救われた。入院期間が短く、リハビリ通院からもとっくに卒業出来たことはつまり、他人に頼る時間が通常よりも短くて済んだということ。ある意味、エコじゃん、と(苦笑)。 それに車椅子や松葉杖を使っている人の気持ちを前よりはわかるようになったから、次にお手伝いする機会があれば前よりはそういう状態の人を上手くフォローできるはず・・・などと、前向きに考えることにしている。

201106301736000

結局、ソックスは知人に預けずに済み、仕事は自宅で出来ることを少しづつやっている。自宅でやれる仕事があることは恵まれていると思うし、骨折した自分をそれぞれの形で支えてくれる友人知人や家族の存在にはとても感謝している。 これからも色んなことにゆっくり復帰していきますのでよろしくお願いします^^)☆  写真1枚目は病院のロビーの七夕飾り。2枚目は今年から始めた野菜栽培のプランター。次の2枚は自宅のサボテンとストレイシアの花です。野菜の写真は骨折前、5月の様子。ピーマンもナスも大きくなったのですが、最近の写真を撮るのはこれから。次回upします♪

| | コメント (28)

2011年5月14日 (土)

大内宿

201105061301000_3

G.W.に1泊で大内宿(福島県)へ行ってきました。この小旅行は某ホテルスタッフの日記を見たのがきっかけ。そのホテルは施設に震災被害は無く、福島第一原発からかなり離れているが、福島県ということでキャンセルが相次ぎ、連休を前にしても客数が伸び悩んでいるとのこと。地震の影響でホテル近隣の国道が数か所、通行止めになっていることもマイナス要因となっているらしい。・・・で、「ここに泊まって、翌日は大内宿へ♪」プランに決定です(笑)。

201105061259000_3

大内宿(おおうちじゅく)は会津地方の旧宿場町。萱葺きの屋根など古い町並みが人気で、普段の週末は観光バスや車で大渋滞だが、今は観光客がかなり少ないとラジオで耳にした。こういう激混みの場所はなかなか向かう気になれないから、この機会に行ってみよう~と思ったわけです。

201105061315000_2

実際に出かけてみれば、やや遠回りしてホテルに到着した以外は全て快適♪ 「メインの肉は栃木県産で、野菜やフルーツは(基準値内の)福島県産となりますが大丈夫でしょうか?」と聞かれたお料理も勿論美味しくいただいたし、道路が舗装されていない大内宿は興味深かった。川で冷やされていたラムネとイワナの塩焼きをオヤツにTBSドラマ「仁」を思い出したりして^^)

201105081232000

最後の写真は福島で購入したお土産と、先日静岡の母から送られてきた新茶の一部(お茶系のお菓子も)。1ℓ牛乳みたいな外観の「さくらんぼみるく」は、三角形の個包装が沢山入っていて分けやすい^^) その中身が4個のさくさくキャンディなのです。サクマの「いちごみるく」の東北限定バージョンで、おすすめ。

| | コメント (18)

«たてがみ輝く日まで②